高周波焼入れ・ソルト焼入れ・調質・熱処理・コイル製作・歪取り(曲り矯正)・ショットブラスト・精密機械加工

横浜高周波工業株式会社
サイトマップ
TEL:045-542-8484
FAX:045-542-8498

〒223-0057 横浜市港北区新羽町964-17

HOME会社概要高周波焼入れ事業内容事例紹介お問い合わせアクセスMAP
HOME > 事業内容

事業内容

弊社は昭和44年の創業以来、高周波熱処理部門を基軸とした各種金属熱処理のパイオニアとして、発展を続けてまいりました。
これまでのお取引先各社の多岐にわたるご要望に応え続け、現在では、高周波焼入れ・ソルト焼入れなどの熱処理をはじめ、表面処理・精密機械加工も行っております。
また、掲載しております処理以外にも、対応可能な場合がございますのでお気軽にご相談ください。

高周波焼入れ

高周波焼入れ
高周波焼入れは、高周波誘導電流が周波数が高くなるほど金属表面に近い部分に流れる性質を利用して鋼を焼入れする熱処理です。自己発熱による急速短時間加熱、表面効果による表面加熱、適切な加熱コイルの選択による部分加熱という優れた特徴を利用しています。
耐摩耗性、疲れ強さ、じん性の向上を目的とした鋼の表面硬化法としてあらゆる部品に広く活用されています。

高周波以外の熱処理

高周波以外の熱処理

金属材料を、その使用目的に沿って生かして使おうとするとき、必ず何らかの熱処理が施されます。焼き入れ焼き戻しの熱処理にとどまらず、幅広い熱処理を行っています。

コイル作成

コイル作成
次のような時には、コイル作成が必要な場合があります。
・段付きのシャフトの段に焼入れする時
・カムにツナギ無く焼入れする時 等
専用コイルはその製品だけしか処理できない為、お客様と当社との共有物になります。高周波のノウハウの集結です。

その他の処理

その他の熱処理

弊社では熱処理後の変形を修正する曲り矯正や、熱処理時に発生するスケールを落とすショットブラストはもちろん、機械加工、メッキ、研磨等、熱処理の前加工から後加工にも対応させていただいています。

品質検査

品質検査

品質検査は大きくふたつに分けられます。非破壊検査と破壊検査です。
方法はそれぞれ違いますが、硬度、割れ、曲りについて依頼された内容と相違ないかを検査確認し、必要に応じて、検査表の発行をしています。

PAGE TOP
高周波焼入れ・ソルト焼入れ・調質・熱処理・コイル製作・歪取り(曲り矯正)・ショットブラスト・精密機械加工